結婚内祝いは気持ちを込めて

ビル

結婚式にお招きできなかった人からお祝いを頂くことがありますよね。
そのような方達に対して、お返しのお礼となる贈り物が内祝いです。
一般的に結婚式が行われてから、できるだけ早めに贈ることが望ましいとされています。
無事に結婚しましたということを報告する意味合いもあるため、遅くとも1ヶ月以内に贈るようにしましょう。
予算は頂いた品物の半額程度を目安に用意します。
実際にお祝いを頂いたときには、まずお礼の言葉を伝えることが大切です。
直接頂いた時にはその場でお礼を伝えることができますが、宅配で頂いたときでも早めに感謝の気持ちを伝えるために、お礼の電話をすることが望ましいです。
メールで返信する方法もありますが、礼儀を考えると避けた方が無難といえます。


Menu

最新情報